胡蝶蘭

胡蝶蘭を買うなら通販の胡蝶蘭ショップがおすすめ

胡蝶蘭ショップ

 

お花というものは、おもに観賞用として美しくて優雅な種類のものや観賞をしているだけで元気を与えてくれるものがあるものですが、そのなかのひとつの胡蝶蘭というお花も美しくて優雅なものでも人気のあるものです。胡蝶蘭という花は、プレゼントやお祝いの品で喜ばれるものですが、純粋な愛や幸福が飛んでくるなどの花言葉が有名な花です。また、あなたを愛しますというような花言葉もあり、このような花言葉からも幸福をもたらしてくれるかのような縁起の良い花としてもやはりもらってうれしい花ということになります。

 

カラーバリエーションにおいても非常に豊富なもので、代表的なピンク色や白色をはじめとするものでそのほかにも青色や黄色、紫色などもありどの色も優雅で美しさというものがあり、それぞれの好みによって自宅などに飾っておきたい花でも有名です。このような胡蝶蘭の購入を希望されている方には花の通販サイトがあるもので、安い料金で購入ができるショップなどが人気があるようです。おすすめの通販のショップとしては、できるだけ安い料金で購入ができるショップでの購入もおすすめですが専門的に胡蝶蘭を取り扱っているショップでの通販がおすすめということになります。

 

胡蝶蘭という花は最近ではどのような季節においても購入ができるようになりましたが、産地直送ができる通販のショップがあるもので胡蝶蘭を専門的に取り扱っていることから、カラーバリエーションも含めて非常に豊富な種類から選ぶことができるというメリットがあるものです。また、送料が無料のサービスがあることや産地直送であるということは質の良いものを安い料金で購入することができるというメリットもあるもので、胡蝶蘭を専門的に取り扱っている産地直送のできる通販のショップでの購入がおすすめということです。このような通販のショップは、購入されている方のランキングにも常に上位のショップであり高品質の胡蝶蘭が購入できます。

お祝いなどに胡蝶蘭が選ばれる理由

胡蝶蘭人気

 

胡蝶蘭と言えば、新しい店のオープンや各種お祝いの席で送られる場合が多いですが、それにはどのような理由があるのでしょうか。胡蝶蘭の花言葉は幸福が飛んでくる・あなたを愛している・純粋な愛という意味があります。特にこの中で幸福が飛んでくるという意味を重要視し、色々なお祝いのシーンで用いられます。また純粋な愛という意味を特に重視した場合には結婚式に最適なものとして贈られることも多いです。結婚式などのシーンで用いられる他の理由の1つに胡蝶蘭の学名から来ているという事もあります。

 

英語名はファレノプシス、学名はファレノプシスアフロディーテと言い、これを直訳すると蛾のような愛と美と豊穣をつかさどる女神という意味になるからです。日本で蛾というとあまりイメージは良くないかもしれませんが、海外では蛾と蝶のことをあまり区別しないという風習があるのでこのような意味になったと言われています。さらに胡蝶蘭には白やピンクなど様々な色がありますが、その色により独自の花言葉の意味が追加されるます。例えば白のものには清純という意味もあるため、結婚式の衣装の白無垢に合わせたイメージで結び付けられ、結婚の際に特に縁起の良い花として定着してきた歴史があります。

 

ピンクのものにはあなたを愛するという意味がありこちらはお付き合いを始める時やプロポーズの際のアピールとして使われます。胡蝶蘭の性質的な特徴もお祝い向きの花である理由です。胡蝶蘭は植物の中でも丈夫な部類に入り、最低限生きていける環境を整えて置けば、枯れることが少なく、長期間安定して美しい見た目を保つことが出来ます。その安定性が、商売や結婚生活の安定を連想させ、縁起が良いというイメージを根付かせました。実際にその見た目の美しさはお祝いの場面にとどまらず、高級なお店や上品な食事を提供する飲食店などにも好んで使われます。このような様々な理由から胡蝶蘭はお祝いの場面で送られる花の定番として親しまれるようになりました。

胡蝶蘭の水と肥料の与え方

胡蝶蘭与え方

 

胡蝶蘭栽培の基本となる水と肥料の与え方について紹介します。

 

まず、水の与え方です。
一般的に洋ランは数日に一回水を与える必要があります。あまり水を与えないと枯れてしまうのはもちろんですが、与え過ぎても根腐れを起こす原因となってしまいます。植物はもともと土の中から水分を吸い上げて、乾いた土の隙間から酸素を吸収します。水を与え過ぎると土がいつまでたっても乾燥せず、根から酸素を取り込むことができなくなってしまい、根腐れを起こします。では最適な間隔ですが、これは地域や気候、花の状態によって変わるため、一概に何日おきがいいとは言えません。はじめは水をたっぷりと与え、きっちりと土が乾燥するまでの間隔を把握してから、その間隔で行うといいでしょう。一度間隔を決めたらもう変えないとするのではなく、花の状態や土の状態をよく観察し、適宜間隔を変えるのが理想です。また、少量すぎると土の中の空気が入れ替わらないため、毎回土がしっかりと湿るように与えましょう。

 

次に肥料の与え方についてです。
地域にもよりますが、胡蝶蘭は肥料なしでもしっかりと花をつけます。しかし、肥料を与えることで花の咲く期間を長くできたり、栽培の手間を減らすことができます。使用する肥料ですが、洋ラン用のものがあるのでそちらがおすすめですが、一般的な園芸用のものでも問題なく使えます。使い方は肥料の種類によって異なりますので、書いてある注意事項を守って適量使用してください。使うタイミングですが、土に混ぜ込むタイプのものは基本的に植え付け時か植え替え時に使用します。液肥タイプのものは、一週間に一回ほどの間隔で与えるといいです。これも与え過ぎると根に悪影響を及ぼしたりするので気を付けましょう。また、冬場は花をつけないため基本的に肥料は不要です。気候次第ですが、花をつけるために養分を多く必要とする4月頃から10月頃までの間与えるようにしましょう。胡蝶蘭の枯れる原因の多くは水の与え過ぎと言われています。胡蝶蘭についてよく理解し、きれいな花をつけるように育てましょう。

胡蝶蘭の値段について

胡蝶蘭値段

 

お祝いによく贈られる胡蝶蘭ですが、その名のとおり蝶のようにさいた、かわいらしいお花が印象的で広く親しまれています。蝶は縁起がよいものとされており、胡蝶蘭の花言葉も「幸福が飛んでくる」、「純粋な愛」とお祝いの席にはぴったりで、新しい門出などのお祝いに贈られることが多いお花です。花の寿命も長く、1から3ヶ月ほどはきれいに咲いた状態で楽しめます。胡蝶蘭をお祝いの品として送っておけば間違いはないといわれてはいますが、一言でお祝いといっても様々なシーンがあり、それぞれのシーンでいくらくらいの値段の胡蝶蘭を送れば良いのか分からないこともあると思います。おおよその相場を知って喜ばれるギフトを選びましょう。

 

個人のお祝いとしての相場の値段は送る方との関係によりますが、家族や親戚にお祝いとして送る場合5000円から30000円、知人へのお祝いは10000円から30000円程度が相場になります。お店の開店祝いや移転祝いの場合、家族・親戚には10000円から50000円、取引先には20000円から50000円程度になるでしょう。このような場合でも送る方との関係性で値段は変わっています。引越しや新築祝いの場合、友人・知人5000円から20000円、兄弟・親戚で10000円から30000円、取引先には20000円から30000円程度が目安になります。新築祝いの場合、火を連想させるものはタブーとされているのでラッピングは赤以外の色を選ぶようにしましょう。

 

 

胡蝶蘭の贈り物に最適とされているのは3本立ちや5本立ちからです。基本的には1輪700から800円くらいが相場ですが、お花の状態や品種によって前後します。3本立ちの30輪で20000〜25000円、5本立ちの50輪で35000〜40000円程度になります。3、5、7本立ちが基本になりますが大切なのは何輪の花がついているかですので、気をつけて選びましょう。シーンや関係性によって金額や物が変わるお祝い事ですが、胡蝶蘭はどんなシーンでもその場を華やかにしてくれるお祝い事には欠かせない万能なお花です。

胡蝶蘭を長持ちさせる方法

胡蝶蘭方法

 

胡蝶蘭は贈答用に用いられる花としても著名であり、慶事などのシーンで選択されることも多いです。可憐な花を咲かせることで見た目の美しさは言うまでもなく、幸福の象徴としても親しまれることもあります。手入れも簡単ですが、一般的に胡蝶蘭の寿命は長く、1〜3ヶ月を目途に大輪の花が咲く状態となることも多いです。もっとも長持ちさせる方法には、水をあげるコツと置く場所に拘ることの二つがポイントになります。まず水をあげる方法には原則的に、水をあげすぎないことが重要で、あげる頻度も季節によって違いが生じます。夏の暑い時期の場合は1週間に1度の頻度が良く、春は10日に一度のペースで秋・冬は3週間に一度のタイミングで行うことが重要です。

 

根元の土が乾燥している状態を確認して与えることがポイントで、湿った状態で与えると与えすぎになり根腐れの原因になり注意を要します。また置く場所については風通りの良い場所が優れており、直射日光を避けることが重要で、カーテンなどから伝わる明るさがある場所に設置すると良いです。もっとも寒い場所よりも、温度が暖かく湿気があるところを好みますので、そういった場所に置いておけば自然に長持ちをさせることにも繋がります。長持ちさせる適温としては、比較的に温度が高く10℃以上がある所がポイントになります。条件が整えば、約3ヶ月も花を咲かせ続けることも可能となります。一方、胡蝶蘭の花が一度しおれてしまっても、次の時期に再び咲かせ長持ちさせて楽しみたい場合もあります。

 

その場合の方法は、最後の花がしおれてしまったタイミングで早めに花茎を切っておくことで、次に咲かせる蕾に栄養が届くようにします。胡蝶蘭は花を咲かせることに栄養を全力で使う特徴を持っているため、しおれた時点で切っておくことで次回の咲くタイミングでエネルギーを使うための力を蓄えることに繋がります。また土に植え替えを行うことで、咲かせるための株を長持ちさせることもできるので、それも行う様にします。植え替えは4〜6月までの時期に行うことが、最適なシーズンです。